<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スプレーマム | main | 小さい秋みぃ〜つけた♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ルコウソウ♪
今年も定番の。。。



毎年、この時期になるとルコウソウの写真をアップしています。
今年も種から育ててたくさん咲いています。
母の好きだったルコウソウ。

初めて育てたのはもうウン十年も前だけれど、その頃はルコウソウはまだ
そんなに見ることの無い珍しい花だったなぁ。
こぼれ種で毎年咲いていたけれど、母が亡くなってから引っ越した
今の家は、新たに種まきをして育てたルコウソウが咲いてます。

9月3日が母の命日でした。
ルコウソウも毎年その時にあわせて咲いてくれるのでなんだか
母の思い出が一気に押し寄せてくるなぁ。
母が亡くなってもう9年。あっという間だったなぁ。
とても鮮明に覚えてるからついこの前のことのように思える。

医療ミスで急死した時から、私は立ち直るのにとても長い年月がかかったなぁ。
姉妹みたいな関係でいつも仲良かったからねぇ。
今でも思い出すと悲しいけれど、自分で言うのもなんだけど
よく頑張ってきたよ私!!うんうん。一人っ子だから結構辛かったよ。

精神的に落ち着きを取り戻して普通に毎日が過ごせるまで
5年くらいかかったよなぁ。

でもねぇ、遅かれ早かれ、誰しも親の死には直面するものなんだよね。
結局ね、身内の死に対しての悲しみや辛さや孤独感に効く一番の薬は『時』
しかないんだよ。みんな乗り越えているんだよね。
時が解決してくれるよってよく慰められたけれど、そのときはそうは思えなかった。
だけど、本当にそうなんだなぁって最近やっと分かった気がします。
それだけ私の心にもようやく余裕が持てたのかもしれないね。。。
* 23:12 * comments(6) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 23:12 * - * - *
 コメント
おはよう 花と思い出 ですね。先日七回忌を終えた父もHiroさんの母上と同じような事情でなくしました。残念なことです
** hanahhana1952 * 2008/09/10 5:27 AM *
hanahhana1952さん、こんにちは!
つらい体験は誰しも一度はありますね。
人生いつ何が起こるかわかりませんね。

毎日を大切にしたいです♪
** Hiro * 2008/09/10 5:04 PM *
このルコウソウ、毎年夏に行く、主人の実家の
鹿児島の家の周りに、いっぱい咲いてました
「義母の花」かなぁ〜
種をもらって、家に蒔きました
それ以来、好きな夏の花のひとつです・・
** てんてん * 2008/09/10 5:31 PM *
私はまだ両親とも健在で、そんな悲しみにあったことないけれど、さぞ気を落とされたことだろうと思います。
お父さまと二人、肩を寄せ合って、9年が過ぎたのね。
Hiroさんがお父さん思いなわけも、察せられますね。
90になっても100歳になっても、母親の死は特別なもののようですから。
亡くなった人の思い出は、年が経つほど浄化されて、美しい思い出だけが残っていくのね。
** アン * 2008/09/10 7:57 PM *
てんてんさん、こんばんわ♪
花って色んな思い出が出来るよね。
大好きだった花が嫌な思い出の時に咲いていたから
あまり好きではなくなったとかね。

よく歌が思い出をよみがえらせることが多いけれど
私の場合花が色んな思い出がよみがえるなぁ。。。

ルコウソウは真っ赤な色も大好き!
濁りの無い真っ赤な色が夏にぴったりよね!
** Hiro * 2008/09/10 10:16 PM *
annさん、こんばんわ♪
もうね、父親と2人の生活なんて母が健在だった頃は
考えたことも無かったわ。
意外と2人だけになるとそれなりに父親とも結構
話するものですね。

今は父に母よりも私のほうが数倍口うるさいと言われて
煙たがられています(笑)

annさんの言うとおり、年月とともに悲しかった心から
少しずつ開放されて思い出も綺麗な思い出のほうが
多くなった気がするわ。。。
** Hiro * 2008/09/10 10:20 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://s-hiro.jugem.jp/trackback/1172
 トラックバック