<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブルーメラコ・湖畔の夢 | main | イオノプシディウム・アカウレ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
スノードロップ 〜雪の雫〜
和名は待雪草。。。



洋書などで見かける広いガーデンの木陰や森の中の木陰に群生する
スノードロップの花。。。憧れですねぇ〜。
あのような光景になるには数年かかりますが、まとめて植えるだけでも
部分的に見ればかなり効果的で見えなくも無い。・・・かも(笑)
クリスマスローズと組み合わせて植えるととっても素敵です!!

草丈5〜10cm程度と小型の花ですがそんなに小さいのに、さらに花はうつむいて
咲くので地植えのスノードロップは私の撮ったこの写真みたいな感じで
皆さんは見ているはず。もしくはそれより上から見下げてみていますよね。

と言うことで、今回は下からも撮って見ました。



鉢植えならこんな風に観察できるのが面白いから好き!!
グリーンのスポットがまた愛らしいよね!

***********************チューリップ************************

お花大好き!!お花のブログランキングに参加中です
★応援ポチッとよろしくね★
    down
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へにほんブログ村 花ブログへ

ミニチュア更新!!
   ↓
☆ Hiroのミニチュア雑貨・ただいま制作中♪ ☆
今日は完成まで至ってないのですが、スイートピーとパンジーの
途中画像です。これから完成させます☆
* 23:57 * comments(6) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 23:57 * - * - *
 コメント
かわいいよね〜〜、スノードロップ。
森は生きているの待雪草がスノードロップのことだと、Hiroさんから聞いてから、もっと好きになりました。
木の根元にびっしり咲いてる、イギリスの田舎のガーデンみたいにできるといいけどな〜。
クリスマスローズや黄色いスイセンや、節分草やシクラメンと一緒に。
でも、夏になると球根が埋まっているのを知っていながら、他の草花を植えてしまうので、翌年は咲かないのよ。
私も今年は鉢植えですよ。
この鉢のまま、乾燥させて夏越しできるかな?
そして、来年、球根が分かれて増えていれば、その調子で増やして地面にも植えたいな。
Hiroさんは花後、どうされていますか?
** アン * 2009/02/14 6:26 AM *
Hiroさん おはよう〜♪^▽^

きゃあ〜≧▽≦
大好きなスノ〜ドロップだ!!
ホントかわいいお花で 大好き〜〜♪

そうそう!
スノ〜ドロップの地植えは 下からのアングルは絶対ムリ!
ウチのスノ〜ドロップは デジカメの高さよりもちっちゃいの。
5cm弱です。(^m^;)
地面掘らないとHiroさんのような画像は撮れませんヨ〜。

そっか〜。鉢植えなら下からお花の中を覗けるネ!≧▽≦
初めて見ました! Hiroさん ありがとう〜♪^▽^
** チョコママ * 2009/02/14 7:35 AM *
annさん、こんばんわ♪
スノードロップ見るとね、annさんを思い出すよ☆
スノードロップは乾燥を嫌うから休眠期になっても
堀上げないで管理するの。
鉢植えの場合、球根が分球して鉢が一杯にならない限り
植え替える必要はないですよ!水仙と同じで大体
2,3年くらいが目安だと思う。

私は水仙も鉢植えで育てているのでスノードロップも
同じように育てています。花後は球根に栄養を蓄えさせる
ために葉も枯れるまで放っておいてます。
** Hiro * 2009/02/15 12:15 AM *
チョコママさん、こんばんわ♪
スノードロップ、チョコママさんも大好きなんですね!
可愛いですよねぇ〜☆

地植えしていると本当に背丈も低いから写真撮るの
下からは無理よねぇ。。。
チョコちゃんに地面掘ってもらう?(笑)

** Hiro * 2009/02/15 12:17 AM *
う〜ん、うまいわ、写真!(^^)/
最近どれ見ても一段とすばらし〜よね。
さっすがヒロさん。
** カルロス * 2009/02/16 1:45 AM *
カルロスさん、こんにちは!
わーい!!褒めてもらってうれしいです★
あまり何にも考えずに撮っているんですけどね(汗)

カメラも今はコンパクトなポケットサイズの
いたって普通のデジカメです。

私は庶民なのでいたって普通のカメラで十分(笑)
思い立ったらその場でカシャ♪
** Hiro * 2009/02/16 2:29 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://s-hiro.jugem.jp/trackback/1265
 トラックバック