<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ペルシカリア・シルバードラゴン | main | 真冬のミニュエット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
デシデリオ・カミーノ
難しい名前付けないでよぉ・・・。



タイトルみて、なになに?って思ったでしょ?
これ、単なるパンジーです・・・。

色々パンジーやビオラを雑誌や本で見たり園芸店やネットでも
沢山みているけど、この名前は見たことなかったわ。
別に名前に惹かれたんではなく、色に惹かれただけですよ♪
なんか花びらもちょこっとフリフリしてて色もシックな感じがね!

今日はめっちゃ寒いです!
久しぶりです、こんなに寒いの。雨でも降ったら雪になりそうよ。
天気もあまりよくなかったしね。

これが本当に冬の寒さなんだろうなって思いました。
近年暖冬続きで冬の厳冬を忘れてました。
なんていっても、雪国の方からしたらたいした寒さでは
ないのでしょうねぇ・・・。

ここに来てブログ読んでいる方の中にももっと寒い地域の人が
いるのに、私はもうこれ以上寒い地域には行けません!!
かなり寒がりです!

早く春にならないかなぁ。。。
気候も心も・・・。
* 18:33 * comments(8) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 18:33 * - * - *
 コメント
マイナス14℃。
私の住んでる所の、今朝の最低気温です・・・。
凍えそうだったんだからぁ(泣)。
草木も、凍ってました!
** tonko * 2008/01/14 7:48 PM *
本当寒かったねえ。それでも数度はあったでしょうね。上の方の−14度は、長野あたりかしら?寒いといっても氷点下でない東京は、あったかいなんていわれそうですね。あ〜でも寒い(笑)花たちも大変だよね。がんばれ!かっこいいパンジー
** hanahhana1952 * 2008/01/14 7:57 PM *
本当に今日は寒かった〜
私も暑いのより寒いほうが耐えられません
ここが私が生きていく最北限です・・

難しい名前に惹かれるよねぇ〜私だけ?!
花色もきれい!
実物は想像以上にきれいなんだろうなぁ〜
** てんてん * 2008/01/15 12:08 AM *
どんな感じにも演出できそうな、
奥深い色合いですね〜
お値段たかい品種なのかな?

寒いです!
パーゴラに覆いかぶさるバラの手入れをしなきゃならないというのに。
あんまり寒くって、まだです・・・
寒いの苦手だな〜
パンジーやビオラさん達はえらいよね。
** 根っこ。 * 2008/01/15 9:21 PM *
tonkoさん、ひえぇ〜!!
マイナス14度の世界なんて未知です!!
冷凍庫の中に顔を突っ込んでみたけど
絶えられない・・・。

tonkoさん、春まで頑張ってこの寒い冬を乗り越えて
頑張ってください!!
私は電気毛布に包まれながら遠くから見守っています(笑)

とりあえずこちらは朝の最低気温3度でした。。。
** Hiro * 2008/01/15 10:09 PM *
hanahhana1952さん、こんばんわ♪
本当、マイナス14度の世界からしたら
ここは温かなんですねぇ。。。

体験したことのない世界ですが
私はいますんでいるところより北にはきっと
住めないです・・・。
** Hiro * 2008/01/15 10:10 PM *
てんてんさん、こんばんわ♪
あははは。私も今住んでるところが最北です。
もう北へはいけません・・・。
もし住んだとしたら冬篭りしないとダメだわ。

てんてんさん、難しい名前と言うより
面白いネーミングや変わったネーミングに惹かれるのよね!
知ってるよ!てんてんさんのことは!(笑)

実物はねぇ、もうちょっと渋い色です♪
** Hiro * 2008/01/15 10:12 PM *
根っこ。さん、こんばんわ♪
本当、さむいねぇ。。。

私もバラの植え替えまだなんだよねぇ。
この3連休も仕事だったから出来なかったわ。

このパンジーの値段ね、高くないですよ!
一般的に売っているのと同じ価格帯。
確か150円だったかな。

あ、でもこちらでは平均価格でも
また地方だともっと安かったりするんだろうなぁ。

私も寒いのが苦手です。
朝なんて、目が覚めてから起きるまで布団の中で
1時間近く粘ってるの。
いい加減起きないと!!って気合でおきてます(笑)

寒くて布団から出られないんだよ〜(泣)
** Hiro * 2008/01/15 10:16 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://s-hiro.jugem.jp/trackback/955
 トラックバック