<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
キンズ(絵画風)
ヒメキンカン♪



あまり綺麗な写真が撮れず、今回は絵画風でごまかしました(汗)
この黄色くて小さな実はわずか1センチくらいの小さな実です。
キンカンの仲間で果実が一番小さな種類です。

マメキンカンとか、ヒメキンカンと呼ばれたりもします。
キンズと言う名前での流通が一番多いかな。。。
樹高は1mにもならない矮性の種類で、果実が小さくて綺麗なので
盆栽など観賞用専門に使われます。
食用には向きません。。。

我が家では相変わらず鉢植えで育てています。
父が欲しいほしいと言って買ったのに、父はすでに忘れていて
『お!この小さな実、かわいいなぁ。何ていうんだ?』
・・・。いつもこれなんだよなぁ、うちのとおちゃんは・・・。
私なんか買った場所まで全て鮮明に覚えてるのになぁ。

この実の中、じつは小さな種がびっちり入っていて
それを皮が覆っているだけなので、食べようとしても
種だけです。なので、食用には不向き。。。
だれです?食べれるのかと思ったとぼやいている人は。。。

キンズって、漢字で書くと『金豆』です。めでたいよねぇ。
なんか持っているだけで金持ちになれそうじゃない?
でも、実際、金持ちになれてないのでなれません。
ただいま進行形で実証済みです(笑)

* 22:43 * comments(4) * trackbacks(0) *
ワイルドストロベリーの紅葉
実も葉も真っ赤っか♪



寒い中、ワイルドストロベリーは元気に実を付けています。
さすがに葉も紅葉していますね。。。って、秋じゃなく冬だけど。

小さくて可愛らしい実は鳥に見つけられ次第あっという間に
たいらげられてしまい、鉢の下にはその証だけが残され、掃除する羽目に・・・。

鳥たちも食料探して必死なんですねぇ。
でもこっちも食べられまいと必死です(笑)
なんてね!ワイルドストロベリーは食べられてもどんどん花咲かせるし
実も次々成るから、なんだかあまり気にならないのよね。

6年前はたった一株だったワイルドストロベリーもそこいらじゅうに増えて
今は6株。他にもお嫁に言った株も数知れず。。。
増えるねぇこのワイルドストロベリーは。どんどん増えるのに、私の幸福は
全然増えないしぃ・・・。なんか減ってる気がするしぃ・・・。
そんなことは気にならないんだけどさ!(←ちょっとすねてみる)

この記事、昨日アップする予定で、書いてあったんだけど
調子悪くて家に帰ってきたらパソコンやらずに寝てしまった。
またまた今年初の神経性胃炎の始まりだわ(泣)
* 23:58 * comments(2) * trackbacks(0) *
真っ赤な大実万両
長寿の縁起物!



鉢植えで育てている大実万両。
鳥に見つかったらあっという間に無くなってしまう事でしょう。
でも、千両などと違って実が葉の下についているため以外にも
見つけられずに毎年長いことこの姿で残っています。というより
見つけられずにそのまま実っているので次の年の花を咲かせないと
いけない事もあり、私が意図的に時期が来たらチョッキンしてしまってます。

真っ赤な実を目立たせたかったので鉢植えなので高いところに置いて
下からの撮影。普段下のほう向いて目立たず実っている万両ですが
こうして下から見るとなんて可愛いのでしょう♪

うちには十両、百両、千両、万両とありますがなぜか金運無し・・・。
今年はザックザックと儲かりますように(笑)
万両などは肥料を上げすぎると実がつきにくくなるのでご注意を!!

ちなみに一両というのもあるんですよ!うちにはないけど。
・アリドオシ(一両) ・ヤブコウジ(十両) ・カラタチバナ(百両)
・センリョウ(千両) ・マンリョウ(万両)
こんなにもあるんですね同じような仲間が。。。 
* 18:03 * comments(6) * trackbacks(0) *
コトネアスターの真っ赤な実♪
いよいよヒヨドリの餌食に・・・。



このところ東京でも例年の寒さで朝晩は結構冷え込んでいます。
コトネアスターの葉も真っ赤に色づき実も真っ赤に熟しています。

ピラカンサや百両の実、そしてワイルドストロベリーなど色んな実が
ヒヨドリの餌食になってしまい、残るはこのコトネアスターの実。

このコトネアスター、じつはラチスフェンスにハンギングにしているので
鳥の止まり木になる場所もなく、ヒヨドリはホバリングしながら必死に
実を狙っていました。鳥も生きるのに必死なのね。。。

しばし病み上がりの私はおとなしくしているが、それも今のうちよ。
ヒヨドリよ、そろそろ私も襲撃体制に入るわよ!!覚悟!
* 22:48 * comments(6) * trackbacks(0) *
柿みっけ!
てぇ〜のはウソ!!



でもね、いつも美味しそうな柿に見えてしまうのは私だけ?・・・。だよねぇ。
でもほら、近づいてみたら柿に見えなくもないでしょ?

・・・。
そう、これはれっきとしたピラカンサざます。



我が家のピラカンサは実の色がオレンジです。
まさしく柿色ですねぇ。。。 真っ赤が一般的には多いけどね。

この写真、あわてて撮りました。
だってね、すでに鳥が見つけてしもうたんだよ!!
もう、7,8割は実が食べられてしもうとる。

ネットかければ見苦しいし、そのままにしてると綺麗な見ごろに
あっという間に食べられちゃうし・・・。

どうにかしてたもれ〜!!!!!!
* 00:24 * comments(10) * trackbacks(0) *
白式部
本当は『小白式部』と言うのが正解!



以前、ムラサキシキブと言って売られているものの殆どがコムラサキシキブ
と言う記事をアップしましたが、これもそう。シロシキブでなく、コシロシキブ。

ムラサキシキブなどは花の色も薄紫系だけど、シロシキブなどは花も真っ白!
この白い実はムラサキシキブの異変種なんです。
突然変異で生まれたものなんですね。



まぁ、確かにねぇ。。。紫色の実であるものが見慣れているから
見たことない人が見たら、『あら、この実、まだ熟していないのね!』
なぁんて、色が紫に変わるのを待つのかもしれないですね(笑)

あまり見かけないので写真を撮りましたが、私はどっちが好き?
と聞かれたらやっぱり紫派です。

なんか色あせちゃった?脱色しちゃった?
見たいな感じに白い実は見えてしまいます(笑)

* 23:09 * comments(2) * trackbacks(0) *
ブラックパールの後光!!
逆光の芸術



この数日、じつに快晴な秋晴れで、朝日が毎朝眩しくスカッとしていて
いい気分です♪

毎晩仕事で遅くなって疲れるけど、この朝日の力は私にはすごいパワーをくれて
頑張るぞ!って気分にしてくれます。

いつものように草花の様子を仕事に行く前の数分、眺めていたら
観賞用トウガラシのブラックパールの坊主頭に逆光が当たり、後光が差してる!
おぉ、なんという朝から静粛な雰囲気だぁ。。。

いつもカメラは手放さないのでパチリと撮りました。
つんつるてんの黒い実に光が当たってなかなかいいでしょ?
* 23:12 * comments(10) * trackbacks(0) *
秋の実り・ヘンリーヅタ♪
青く色づいて・・・。



今年はヘンリーヅタの実がたわわに実りました。
秋の気配をいち早く感じ取ったのはヘンリーヅタでした。

葉は赤く紅葉し、沢山の実がなり、今はその紅葉した葉が落ち初めて
実の色はだんだんブルーベリーのような紺青色となってきています。

オレンジ色〜赤く色づいた葉と紺青色の実、お互いがその色を引き立てあって
とても綺麗です。。。

もうすぐ葉も全て散り、実も落ちたら何にもない棒1本状態になるヘンリー。
冬の姿は写真に撮れる代物ではないけど、また来年までの楽しみですね!

一昨日の夕方ですが、仕事していたら外がとても綺麗な色だったので
窓を開けてみたらとても綺麗な夕焼け空でした。
刻一刻と変わるその姿にしばし見とれていました・・・。



自然界の色はすごい!!
* 23:58 * comments(6) * - *
コトネアスターの実♪
今日もバラ科の植物だ!



昨日に続き、今日もバラ科のコトネアスター。
紅紫檀とも言われていますが、枝垂れるように伸びる枝でグランドカバー
にもなるし、高いところにおいて滝のように流れる枝を楽しむ方法もあります。

無機質なコンクリートの壁を覆うようにコトネアスターを枝垂れさせている
建物を見たことがありますが圧巻です。花も実も楽しめます。

花は5月頃咲くんですがピラカンサの花にも似ていています。
実がなり始めると、薄いピンクから気温の低下とともに色も濃くなり
紅色になりとても綺麗で一番の見ごろを迎えるのが、この時期です。

でも、そのうち鳥に見つけられると1夜にして実は無くなります・・・。
今日は無事でしたが明日の保障はありません。
だから早いところ写真を撮っておかないと気がついたときには
丸坊主ってことが。

クランベリーもそろそろ見つけられそうな気配が。
まぁ、鳥も生きるのに必死ですからね。大目に見てやろう!!
なぁんて、私はそこまでやさしくない!!
やっぱり大事に育てた花や実を食べられれば悔しいよねぇ。。。
続きを読む >>
* 23:55 * comments(10) * - *
秋の実り・サンザシの実♪
真っ赤だなぁ・・・。



サンザシ(山査子)の実が真っ赤に色づいて秋ですねぇ。
サンザシは葉や実に薬効成分が含まれていて薬用植物として知られています。

真っ赤な実は姫リンゴに似ています。大きさもね。
バラ科の落葉低木なので冬は丸ハゲ(笑)しかもトゲもあります。

我が家のサンザシ、もともとは盆栽仕立てで小さかったのですが
あれよあれよと大きくなり今では普通に木です。
ただ、面白いことに接木されているようで、我が家にあるサンザシの木は
白い花を咲かせる中国原産の『白花サンザシ』と紅色の花を咲かせる
欧州原産の『西洋サンザシ』の2種類が1本の木に咲きます。もちろん
実も2種類なります。

白花のほうが花も大きく実も大きい。赤花のほうは花が小さく実も小さい。
写真の実は白花のほうの実です。
来年は分かりやすいように花の写真、ちゃんと撮っておこう・・・。
* 21:54 * comments(6) * - *
<< | 2/5PAGES | >>